(82)3/23藤井聡太六段 vs 糸谷哲郎八段【棋譜・対局結果】 第66期王座戦二次予選

(82)3/23藤井聡太六段 vs 糸谷哲郎八段 第66期王座戦二次予選
関西将棋会館 持ち時間は5時間です。

 対戦相手の糸谷八段は、今季一位でA級昇級を果たした、若手実力者です。(タイトル戦では、竜王を一期獲得しています。)

戦形は、糸谷八段の向かい飛車(阪田流)になりました。
この対局に勝ち、16連勝を果たしました。

藤井聡太六段の公式戦の棋譜集はこちら
藤井聡太作の詰将棋はこちら
Homeはこちら→http://momozonww.com/





(82)3/23藤井聡太六段 vs 糸谷哲郎八段 第66期王座戦二次予選
↓kif形式で出力します。将棋ソフトへの活用にどうぞ コピー&ペーストやファイル保存してください。 
kif形式 

Aperyによる棋譜解析

注目の局面

 
 残りの持ち時間40分を全く使わず、この局面から一気に詰みまでもっていきます。

あと、78手目の8二飛車で、25手詰めが発生しています。
↓↓
(解答)
79手目以降 25手詰め 一例
▲8五桂    △9二玉 
▲8二龍    △同 玉 
▲5二飛    △7二銀 
▲7三桂成   △同 玉 
▲7四歩    △8二玉 
▲7三銀    △同 桂 
▲同歩成    △同 玉 
▲8五桂    △8二玉 
▲7四桂    △8一玉 
▲7二飛成   △同 玉 
▲7三銀    △7一玉 
▲7二歩    △8一玉 
▲8二桂成  

29年度記録4部門(対局数、勝ち数、勝率、連勝)全てで1位!

記録4部門すべて一位となりました。対局数71、勝ち数60、勝率0.845、連勝29(歴代最多)です。
四部門独占は、史上三人目の快挙です。

藤井君ネタ


29年度連勝記録一覧
藤井君が分裂なされました。※ネタ

なお一位の藤井君は、歴代最多の記録。なお二位の藤井君は、まだ継続中のもよう。(29連勝と16連勝です。)


五月にも七段昇段へ

順位戦昇級で五段昇段をはたし、わずか16日後に棋戦優勝で六段昇段をはたしました。
また、昇段のチャンスが来ています。

七段への昇段規定は以下です。
・竜王挑戦
・竜王戦1組昇級
・六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝  ←この規定により、五月には七段になっているかもしれない。
・順位戦B級1組昇級
・タイトル1期獲得
・六段昇段後全棋士参加棋戦優勝
・六段昇段後公式戦150勝

 竜王戦五組昇級枠は4名です。この4名の枠に入れば、藤井六段は竜王戦連続昇級を果たし、七段になります。
藤井六段は、竜王戦五組二回戦も勝ち準々決勝へ進んでいます。あと竜王戦で二連勝すると、2位以上が確定→連続昇級を果たし、七段へ昇段します。(どこかで、仮に一敗しても、3位決定戦で昇級へのチャンスがあります。)
なお、三連勝で、五組優勝すると、竜王戦トーナメント(羽生竜王への挑戦者を決めるトーナメント)に出場できます。

戦形別


公式戦80局の戦形を示す。

さいごにひとこと

 中盤難しい局面もあったようですが、全体を考えると、糸谷八段に対してほぼワンサイドゲームのように思えました。
ノータイム指し(ノータイム指しが有名な糸谷八段に対して)で寄せにいくのは、圧巻でした。強すぎて怖すぎます。
また16連勝中で、まだ連勝記録が伸びそうです。

次回の対局

3月28日 VS井上慶太九段【第68期王将戦】です。

ツイッター&youtube情報

ツイッター

youtube