藤井聡太作の最も有名な詰将棋(27手詰め)

藤井聡太四段は、詰将棋作家としても有名です。 また、小学六年生のときに参加した詰将棋選手権で、プロをおさえて、優勝しました。現在3連覇中です。藤井四段の強さの根源は間違いなく詰将棋だと思います。

今回は、「藤井聡太作の最も有名な詰将棋」です。

藤井聡太直筆サインの中で、最も目にするのがこの詰将棋です。
変化する手順が膨大で、超難問です。

藤井聡太の詰将棋はこちら→http://momozonww.com/tsumeshogihome/fuji-sota-tsume-shogi/
藤井聡太四段の棋譜集(公式戦)→http://momozonww.com/fuji-sota-kif/
藤井聡太四段の棋譜集(注目の非公式戦)→http://momozonww.com/nonofficial-fuji-sota-kif/
Homeはこちら→http://momozonww.com/

問題

解答





▲4一角    △同 玉 
▲7一飛     △3二玉 
▲4一角     △2一玉 
▲5二角不成   △5一歩 
▲同飛成     △同 銀
▲3一桂成   △同 玉 
▲2三桂    △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一角不成  △3二角 
▲同角不成   △1三玉 
▲1四歩    △2二玉 
▲2三角成   △同 玉 
▲4一角    △2二玉 
▲3二角成  
まで27手詰め
 

解くうえでのポイント

①初手1四角が自然に見えるが、2三歩で詰まない。
②飛車(7一に限定)をおろしたあとの対応を読む必要がある。(5二玉とかわす、5一に合駒をうつ、3二玉とかわす)
③7手目2三角成が自然だが、5一桂で詰まない。(5一に桂馬以外の合駒や、3一合は詰みます。)
④7手目5二角成だと、打ち歩詰めの変化で詰まない。(18手目後手の3二角合が好手となります。)
⑤8手目の5一合、3一合でそれぞれ膨大な変化がある。
 正答に至るには、これらのポイントを読み切る必要があります。
 

解説

初手1四角が自然にみえるが、2三歩合で詰まない。

3手目の7一飛車のときに6一飛とするのは、5一歩で詰まない。(2三角としても、5二玉や3二合で詰まない。)
仮に6一飛に5二玉なら
▲6四桂 △6一玉 ▲8三角 △6二玉 ▲7二角成 で詰む。

3手目の7一飛車のときに8一飛とするのは、5一歩で詰まない。(2三角としても、5二玉や3二合で詰まない。)
仮に8一飛車に5二玉なら
▲4一角 △6二玉 ▲8二飛成  △7二飛 ▲5四桂 △6一玉 
▲5二角成△同 飛 ▲同 龍 △同 玉 ▲6二飛 △4一玉 ▲4二桂成  
で詰む。

よって、3手目の飛車打ちは、7一飛車に限られる。(7一飛車は5二玉の時に7二飛成と一間竜で迫れる)

①仮に7一飛車に5二玉なら
▲7二飛成   △4一玉 
▲2三角    △3二香 
▲5三桂    △同 銀 
▲3二龍    で詰む。

②仮に7一飛車に5一歩合なら(桂、香、角も同様)
▲2三角   
→△5二玉 ▲7二飛成 △6二歩 ▲6四桂
→△3二合 ▲5三桂  △5二玉 ▲6一飛成      

③仮に7一飛車に5一金合、5一飛合なら
▲2三角、△3二合、▲5一桂成 以下詰む。 

①②③より、4手目は3二玉となる。

7手目5二角不成のときに2三角成自然だが、△5一桂とされて詰まない。(5一桂以外は詰みます。)

7手目5二角不成のときに5二角成としたときは、
▲5二角成    △5一歩 
▲同飛成     △同 銀
▲3一桂成   △同 玉 
▲2三桂    △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一馬    △3二角!
▲同 馬    △1三玉
▲3一角    △2二歩 で詰まない。
5二角成と馬を作ると、打ち歩詰めで逃れる筋がある。

8手目5一歩のときに5一角だと
▲同飛成     △同 銀
▲3一桂成   △同 玉 
▲2三桂    △2一玉 
▲1一桂成   △3二玉 
▲2一銀    △2三玉 
▲3二角    △1三玉 
▲1二銀成  

8手目5一歩のときに5一桂馬だと
▲同飛成     △同 銀
▲3一桂成   △同 玉 
▲2三桂    △2一玉 
▲1一桂成   △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一角成   △1三玉 
▲2二銀    △同 玉 
▲3二馬    △1三玉 
▲2五桂

8手目5一歩のときに5一香だと
▲同飛成     △同 銀
▲3一桂成   △同 玉 
▲2三桂    △2一玉 
▲1一桂成   △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一角成   △1三玉 
▲1四香    △2二玉 
▲1二香成   
 

8手目5一歩のときに3一金合だと、
▲3一桂成   △同 銀 
▲3二金    △同 玉 
▲4一角成   △2一玉 
▲3一馬   

8手目5一歩のときに3一飛合だと、
▲3一桂成   △同 銀 
▲同飛成    △同 玉 
▲4二銀    △同 玉 
▲4三銀成   △5一玉 
▲6一飛   

8手目5一歩のときに3一角だと
▲3一桂成   △同 銀 
▲同飛成    △同 玉 
▲3二銀    △同 玉 
▲4三銀不成  △2三玉  
▲4一角成   △1三玉 
▲2五桂    △2二玉 
▲3二馬   

8手目5一歩のときに3一桂だと
▲3一桂成   △同 銀 
▲同飛成    △同 玉 
▲2三桂    △4二玉 
▲5三銀打   △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一角成   △1三玉 
▲2五桂    △2二玉 
▲3二馬   

8手目5一歩のときに3一香だと
▲3一桂成   △同 銀
▲4三角成   △3二合によって変化

→△3二香や香、角だと
▲3一飛成   △同 玉 
▲2三桂    △2一玉 
▲1一桂成   △同 玉 
▲2二銀打  
→△3二金だと
▲3一飛成   △同 玉 
▲2三桂    △2一玉 
▲1一桂成   △同 玉 
▲2二銀打   △同 金 
▲同銀成    △同 玉 
▲3三銀成   △1三玉 
▲2二銀    △1四玉 
▲2五金   
→△3二飛だと
▲3二馬    △同 玉 
▲3一飛成   △同 玉 
▲4三桂    △4二玉 
▲5一銀    △3二玉 
▲3一飛    △2三玉 
▲3三飛成   △1四玉 
▲2四龍  

ゆえに8手目5一歩となる。

14手目3二玉のときに2一玉とすると、
▲1一桂成   △3二玉 
▲4三銀不成  △2三玉 
▲4一角成   △1三玉 
▲1四歩    △2二玉 
▲3二馬    △1一玉 
▲2二銀    はやく詰む。

最後にひとこと

 最低でも上記の解説手順を読み切っていないと、正解にたどりつけません。
この詰将棋は、激指13(将棋ソフト)では読めませんでした。(不成じゃないと打ち歩詰めを避けられない手順や、合駒問題多発で膨大な変化手順があるため)
 中学生がこの問題を作ったなんて驚きです。

 何か誤りや、足りない変化手順、書いてほしい変化あれば、連絡いただけると幸いです。