やぁω・`)ノ pythonはじめたよ momozonwwの気持ちの移り変わり

こんにちはmomozonwwです。

pcやネット環境、プログラミング(主にpython)を勉強している学生です。今後のことを考えて、いろいろなことに挑戦しております。

このホームページは勉強用+趣味を気ままに書いていきます

それだったら、ホームページじゃなくて、ブログサイトやればいいじゃん →

もしかしたら、起業とかするかもしれないじゃん(無理だと思うけどw)。

自分はやるならガチでやっていこうかなと。形から入るタイプなんで(サーバー維持費月1200円w学生としては痛いかなw)

 

①wixサイトを立ち上げる。

よし、pythonの勉強だ→そうだホームページを作ろう→善は急げ(@ ̄□ ̄@;)!!

ということで、pythonのネットフレームワークを使って(visual studio),一度サイトを立ち上げた。

ただ、自身のホームページを広く公開するには、ネットワーク上に、サーバーが必要であるということに気が付き、wixサイトに行きついた。

wixは、ホームページを手軽に無料でかつプログラミング不要という、初心者にはもってこいのコンテンツであった。(あとで時間があればwixについて紹介します。

いちおうはこれで満足した。

 

②独自ドメインを持ちたくなる。

wixではだんだん満足いかなくなる。wixでのホームページ作成は、要はpowerpointとほぼ同じようなものかなと感じ始めた。

簡単だけど、拡張性はまだまだ。若干重いかな? あまり勉強にならない気がする。

仮にドメインを取得したとしても、wixがつぶれるとホームページがつぶれる。(pcにバックアップが取れない、互換性が薄い等の理由から、ホームページがwixと運命共同体であることに気づいた。)

それに、wix使うとか素人?って思われたくなかったのもある。

ということで、本格的にやるなら、wixではなくwordpressで作成するのがいいだろうと判断した。

また、それにあたってサーバー+ドメイン取得が必要となる。

 

不動産で例えると、

サーバーとは土地、ドメインとは住所、ホームページは家、wordpressは家を支える柱かな?

 

③wordpress + xserver を使って新たなホームページを立ち上げる。

下が旧サイト

http://www.momozonww.wixsite.com/momozonww

 

xserver サーバー+ドメイン取得は有料。(初期費用3000円+維持費一か月約1000円)

wordpress は無料。

やはり月約1000円といえどお金がかかってるので、ちょっと力の入れようが違います。

 

個人ホームページ作成で思ったこと → それほど難易度は高くない気がする。

仮にですよ、起業したいとします。→ホームページを作成する必要がある。→ 業者に頼む

初期費用50万+維持費月2万とかは取られるらしい。(今後は少し価格下がっていくと思うけど……)

お金がない、初期費用は抑えたい → 業者に頼まなくてもプログラミングできなくても、ちょっと知識さえあれば丸一日時間があれば、十分ホームページが作れるということが分かった。(人によるとは思うけど‥、)

そんなに専門的な知識がなくても、意外と作れる。料理で例えると、ケーキはつくれないけど、カレーは作れるよみたいな

ん?

 

今後の方針

①python,raspberrypi,その他趣味、pcネットの知識を勉強しながら情報をまとめアップする。

②自分も情報をまとめることで、勉強になる

③みてくれている人にも情報が入る。

④サイトのpvが伸びる→モチベup

って感じになったらいいなと思う。

と、最初は思ってましたが、

ただ書きたい内容をただ書くというスタイルにしていこうと思います。

なかなか時間がとれない部分もあるので、どれくらい続けていけるか未知数だけど、やっていきたいと思います。有用な情報が届けられるよう頑張っていきたいと思います。

 

投稿してみたい人募集してます。

ちなみにですが、知り合いでこのホームページに記事をあげたい人は、一言声をかけていただけたら投稿者権限あげます。

 

また、連絡を取りたい方は、リンクに貼ってあるこのホームページ用ツイッターあるいは、お問い合わせフォームからお願いします。

 

最後にひとこと

やぁ(´・ω・`)ノ momozonwwだ。

なんかぁーひまでぇー ホームページつくったんよぉー

なんか思いついたことをぉー はっしんしたいんだよぉー

気が向いたら、見ればいいんでぇ~ まじでぇ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

momozonwwです。

趣味として将棋をしています。最近将棋ソフトの成長が著しい。2017年現在、将棋ソフトはプロ棋士よりほぼ確実に強い。

 

最近の将棋について

将棋に対してどんなイメージがありますか? 将棋好きなんだけど、どうしても地味、おっさんくさいというイメージがある。

ただここ最近、ニコニコ動画による電王戦、AIの発達、史上最年少プロ棋士&デビュー29連勝プロ最多連勝記録などの藤井効果によって、一般のライトな層に注目された。将棋が斜陽産業から、一つのコンテンツとし取り上げられている状況は喜ばしい。

特に将棋電王戦は衝撃だった。将棋の古風な部分に、ロボットアーム(電王手くん)、ニコニコによるAI評価値を使った実況中継などのモダンな部分が加わった、あの違和感は何ともいえないものだった。なんか見てはいけないものをみてしまっているような気分だった。もう慣れたけど。

↓は将棋電王戦について(詳細は自分で調べて)

https://www.shogi.or.jp/match/denou/

 

 また、将棋の内容自体もかなり変化している。若手プロ棋士が序盤研究にAIを使用し、お互いに囲い合ってさあ勝負という将棋から、隙あらば仕掛けて一瞬で寄せるという将棋に変化した。

 ソフト初の新手も増えてる。(例えば矢倉があまり指されなくなる→左美濃急戦、角換わり腰掛銀桂馬ぴょんぴょんとか)

 どうしてプログラミングするのか?

私は、別にプログラマーやSEになりたいわけじゃないしそこまでやらなくても・・・ 以下引用。

http://trave-writer.hatenablog.com/entry/why-you-should-learn-programming

2020年から小学生のプログラミング教育が必修化されるとお話した。ここから見える未来は単純であり、”この先プログラミングを用いる仕事が増えていく”ということだ。テクノロジーの進化により、世の中の多くの仕事はテクノロジーに奪われていく。つまり、2020年以降はテクノロジーの仕組み自体を作る人、更に言えばその仕組みを把握し、それを使いこなすだけの知識を持っている有識者が主役となる時代ということだ。

教養としてのプログラミングを知らないのは、世界の仕組みを知らないのと同義である。今の世の中にいる人がお金の知識がないと損するのと同じように、プログラミングの知識を知らないと損する時代となのだ。お金の知識がある人は、お金は貯めていても非生産的ということがわかるので投資をする。一方お金の知識がない人は、お金を貯めていればいつか裕福になると思い込むが結局なれない。

これと同じことがプログラミングにおいても起こる。たとえどんな業界にいたとしても、最低限のプログラミングの知識をつけておかなければいけない。あらゆるものがテクノロジー化する未来においては”何が実現可能で何が実現不可能か”がわからなくなるからだ。それでは顧客が抱えている悩みに対してベストな提案ができない。

つまり、プログラミングを知っている人はプログラミングを知らない人より提案の幅が広がり、それがそのまま仕事の成果に結び付くのだ。こうして”頭脳労働ができる人”と、”頭脳労働についていけず肉体労働をする人”の2極化が発生する。もっとも、テクノロジーが人間の仕事を奪う未来において、どれだけの肉体労働が残されているかは不明だが。

 

https://acthouse.net/programming

では、なぜプログラミングを覚えると良いのか。その答えをズバリ書こう。その理由は、

「モノが機械になっていくから」

である。

モノ…? ちょっと意味が分からない人もいるかもしれない。「モノ」。これはれっきとした業界用語で人間・動物・自然といった生命体《以外》の「全てのモノ」を指す。この由来は「Internet of Things」略して「IoT」、訳して「モノのインターネット」。語源は1999年にさかのぼる。無線タグの標準化団体「Auto-ID」創設者の一人であるケビン・アストン氏が最初に提唱したとされる言葉だ。そこでの定義は「センサーをあらゆる場所に配置し『モノ』を世界中のインターネットに結びつける」ということだった。

初めて聞く人は騙されたと思って「モノのインターネット」と、検索してみることをおすすめする。驚くほどこの情報が溢れており、またIT業界では当たり前のように浸透・進化していることに気づくだろう。

思えば「スマホ」もかつては有線の電話だった。「地図」もひと昔前は紙だった。手紙も「Eメール」になって久しい。駅では切符がなくなり「自動改札」になった。近年では無人小型ヘリコプターのドローン、3Dプリンタ、自動運転のモノレールなど、とっくに身の回りの「モノが機械になっている」ことに気づくだろう。

  基礎基本くらいは知っておいたほうがいいよということである。

 

2045年問題

2045年くらいに技術的特異点に達する。つまり、人工知能が人間の能力を超えるときである。

恐ろしい勢いでAIの開発がされている。

将棋 2015年にAIが勝利。

囲碁 2017年にAIが勝利。

会話 2017年にグーグルアシスタント ←これ試したけど、けっこうすごい

自動運転 2020年には、高速道路を自動で運転できる。(国家プロジェクトになっているからほぼ間違いない)

この先どうなるんだろう。

この世の中がより一層効率化していく中でプログラミングの勉強をすることで、今後社会で生き残っていくにはどうしたらいいんだろうと、考えるきっかけにもなっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【悲報】ワイ、hp開設三週間、グーグルアドセンスに合格し、無事ブロガーになる。2017年11月版

今日でホームページ開設三週間たちました。

ホームページ開設の一番の理由としては、いろいろなことに挑戦してみようという思いからです。

ということで、次は、グーグルアドセンスかなと思い応募してみました。

(サーバー代くらい回収出来たらうれしいなって思ってます・・・)

 

ネットで調べてみると、グーグルアドセンスに合格するためには、

1000文字以上30記事とか、プライバシーポリシー設置とか書いてありました。また、前よりいろいろ厳しくなっているとか、書いてありました。

好きなように書いていくこの雑記ブログではおそらく通らないんだろうなとか思っていました。(1000文字以上だけは守ってましたが)

 

グーグルアドセンス合格までの流れ

申請時 2017年11月上旬 です。 なんとなく試しにグーグルアドセンスに申し込む

記事数15

審査に三日程度かかります→音沙汰なし なんでやー

 

あきらめかけていたのですが、申請後1週間くらいだったでしょうか

グーグルアドセンスの合格をいただきました。

合格時 記事数20でした。

 

いろいろネットでは書いてありましたけど、まぁ最低限のマナーを守っていれば、通るのかなとも思いました。(プライバシーポリシー設置とかよくわからなくてしてませんでした)

あと、理系学生が書くとか、将棋とか、

→個人ブロガーがよく書くコンテンツとは異なるものだったこともよかったのかなとか思ったりしています。

 

今後について

これからはブログの更新を週2程度にしたいと思います。(主に週末更新かな)

 

正直まだ、html、css言語とか慣れてません。

グーグルアドセンスには合格したんだけど、何を守るべきなのかとか、どこにどのように広告を設置していくかとかまだ詳しくはわかっていません。

まぁ、調べながら、のんびりやっていきたいなと思っています。

 アクセス数分析とか、アドセンスの収益とか、グーグルに怒られない程度で、可能な限り情報を公開してやっていきたいと思います。

———————————–

こんばんは。Chameleon48です。

今日は、サッカーのアジアNo,1を決める戦いACLについて書いていきたいと思います。

なぜこのタイミングかと言いますと、浦和レッズがACL決勝に進んだのですが、その決勝戦が今日の夜中に行われるのです。決勝戦は相手のホームと自分のホームで1試合ずつ行います。今日の試合はその1戦目、相手のホーム(サウジアラビア)なので真夜中にやる訳です。。。

アルヒラルVS浦和レッズ  (日本時間25時15分キックオフ予定)

BS日テレで25時00分から生中継です!

(野球なら間違いなく地上波生中継並みの大一番なのですが、BSなので僕は怒ってます笑)

ACLとは?

ACLとは、サッカーのアジアNo,1のクラブチームを決める大会のことで約1年をかけて行われ、アジア各国から32チームが参加して行われます。

出場チームは各国のサッカーレベルに合わせて出場枠が割り振られています。

ちなみに今年の日本の出場枠は4つで、去年のJリーグ上位チームや天皇杯優勝チームなどが出場し、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪が出場しました。

開催方式

32チームが出場するこの大会ではまず、4チームごとに8つのグループに分けて、グループステージを行います。グループステージではホーム&アウェー方式での総当たり(6試合)が行われ上位2チームが決勝トーナメントに進出します。

決勝トーナメントでは各グループステージ上位2チームの16チームが参加し、ホーム&アウェー方式で2試合行って、2試合合計の勝者が勝ち進みます。

決勝戦もホーム&アウェーの2試合合計で勝敗が決まります。(今日はその1戦目が行われるわけです!)

浦和レッズ

浦和レッズは、グループステージを1位で勝ち進み、決勝トーナメントでは1回戦で済州ユナイテッドを、準々決勝では川崎フロンターレを、それぞれ大逆転で下してきました。

そして準決勝では、上海上港を、2戦合計2-1で下し、決勝に進出しました。

日本勢の決勝進出は9年ぶりです。。。

見どころ

今日の試合というのは、決勝戦の2試合行われるうちの1戦目です。今日だけで決まる訳ではありません。そして相手のホームでもあるので相手の方が気持ちよくプレーできるでしょう。

なので浦和は今日の試合は守備的な戦いをすると思われます。勝てればもちろんいいですが、引き分けでも十分な結果といえるでしょう。また浦和レッズはホームの埼玉スタジアムでの勝率がものすごくいいです。(ホームでは今季この大会負けなしです)なので、アウェーでぼろ負けしなければ相当に優勝の可能性がある訳です。

そんな守備的な戦いの中で先日日本代表に初めて選ばれた長澤選手、そして守備の要、青木選手、キャプテンの阿部勇樹選手などが注目です。

が、守備的な戦いをずっと見るのも苦痛なので、サッカー通でない人は、

「相手の国で行われる相手有利な状況の中、浦和がワンチャン勝てるのか?」

「失点を0に抑えられるのか?」

「最低引き分けで終われるのか?」

なんていう見方をすると面白いと思います。(サッカー通でなければそもそも夜中にみねーよ黙)

 

日本勢が決勝に進んだすごく貴重な戦いなのでぜひ見てください!

(わざわざサウジアラビアまで遠征してる250人のレッズファンにも注目です)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちはmomozonwwです。

おかげさまで、ホームページを運営して一か月たちました。(たぶん)

かなり膨大な時間をこれにつぎ込みましたが、得ることが多かったように思えます。また、この一か月、ホームページ以外にも様々な経験をすることができ、一回り大人になったと思っております。

このホームページのアドセンス取得前の一日のPV数は平均20~30ほどでしょうか。(自己クリックと友人と思われるIPアドレスは除く)

アドセンス取得後のPV数はお教えすることができませんが、まぁちょっと伸びたかなくらいです。

このホームページは基本的に自己満であり、稼ぐことが目的ではないので、ぼちぼちやっていきたいと思っています。勉強したこと、思ったことをふっと1000文字くらいでつぶやきます。

 

 今後書いていこうと思っているシリーズ

1.今まで通り、将棋、python、raspberrypi、マラソン

2、読書感想文(読んで得た知識をまとめ、しかも紹介もする。)

3.精密機械や、半導体技術や、IoT技術について調べたことを書いていくこと。

4.androidアプリを作成すること。(ちなみに超ゆっくりやる予定)

アプリ名は一応決めています。「無限シャトルラン」 or 「永遠に終わらないシャトルラン」です。一人で初めての開発になるので、速くて一年後とか。もっとかかる。

5.スマホ、PC、ネット環境構築、アプリなどの情報

6.大学生がはじめて投資(少額投資)やってみた。

とりあえず今頭にあることを書いてみた。

週1くらいを目安に更新していきたいと思っています。

———————————————–

最近のmomozonwwと今後やりたいこと

ホームページ作成、アドセンス取得、raspberrypiなどの構築に成功し、ある程度目標は達成しつつある。

・python(ファイル読み込み、ネットからのデータ読み込み、cvs形式にしてデータ入出力)

・raspberry pi (温度センサなどのデータを読み込んで、本ホームページへ表示させること。またその逆も)

・Apery最新版(第五回電王トーナメント)を使用した将棋の棋譜解析結果公表 & 将棋の本についての紹介 ・えいごリアンになること(最近英語できなさすぎて、いろいろつらいので)

・youtuberヒカルがうれしすぎる件 一つ楽しみが増えました。 あと、個人的にyoutubeにアップしたい電子工作がある。電子工作でこれをアップすれば100万再生(少なくても10万再生)はとれるであろうコンテンツを一つ思いついているのだが。できるだろうか。二足ロボットあれば・・・・ やるかどうかは別 ・ホームページ運営について怒られない程度に情報開示 などなど

——————————-

ホームページをもうひとつ作成(計画中)

本サイトは、理系学生が気まぐれで書く雑記ブログという形ではじまりました。雑記ブログだとブログでしかないなーと。

なんか気軽にアップロードできる何かがないかなと探していました。特化したサイトが作れないかなと思ってました。

ビビッとくるものがあって、これなら20年30年続けられるかもしれない。そんなアイデアを思いつきました。趣味も兼ねています。特化しているので、SEO対策にもなります。

本ページの子サイトか別のサーバーでやるかは不明ですが、もう一つ作ります。4月までには、アップ予定。

 

最後にひとこと

|ω・`)ノ やぁ momozonwwだ。

スマホとか、PCとかSNSとか、仕組みを知らないで使うのは、気持ち悪くてしょうがない人なんだよぉ~

理系だったらPC強くなると思うでしょ。全然ならないよぉー office(ワード、エクセル、パワポ)とかどうでもいい能力だけあがるよぉー だから自ら意識してやってんよぉー

やあ  =^_^=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。momozonwwです。某理系学生です。

ホームページ開設二か月 & 藤井聡太四段まとめサイト開設約一か月 がたちました。

 本ホームページ開設時は、python(プログラミング)の勉強がしたいということで、「|ω・`)ノ ヤァpythonはじめたよ」ではじめました。

 機械学習AIの分野、科学計算の分野で優秀なプログラミング言語であるということで、pythonが大流行していました。大学の生協に行くと、python関連の本が山積みになっています。また、知り合いの中でもpythonをやっている人がいることもあり、勉強してみようと思いました。

※なお、大学の専攻とは何ら関係ありません。

 将来はどんな世界になっているのかとか、どんな職業が盛り上がっていきそうか(トレンドを読むのが好き)、そのためにはどんなスキルが必要なのかとか考えることがたまにあります。プログラミングはやっておいたほうが将来のことを考えると絶対いいと思いました。大学ではやらないので。

 そして、python勉強しよう→とりあえずホームページくらいは扱えないとなぁーと思い、本ホームページを開設しました。

 ただ、やはり初心者ということもあり、情報を出せる立場にはなれないなぁーと。

 その後いろいろと心境の変化がありまして、ホームページ(不特定多数の人に見られる)の性質上、良質なコンテンツを書く必要があるのかなと。

 このページを見たいと思ってくれるようなサイトにするには何がいいだろうか?勉強しながら、長く続けられそうな方法は何がいいだろうか?

そして、現在の形式(将棋、藤井聡太まとめサイト)へと変貌させることにしました。

 将棋ウォーズ、24四段まで到達できたし(今は指し将棋は全然してないのでどうでしょうか?)、まぁ高段者ではありませんが、それなりに将棋について情報を出せそうだと思いましたし、趣味なので長く続けられそうだ、プログラミングとかの勉強にもなりそうだ。藤井聡太の将棋はいつも棋譜中継でみれるなぁということで、今の形になりました。

今後UPしていきたいこと。

・藤井聡太四段対局日当日あるいは翌日に、棋譜UPをすること。

・自分の趣味と、世の中のトレンドとリンクする何かがあれば、それについてUPするかもしれません。

・将棋を世界に広めるために、英語発信をしたい。(英語がとびかう環境にはいますが、英語は全然できないので、できるかはやや怪しい。)

 やはり将棋って日本文化という側面も強いので、外国人が外国人に教えるのと、日本人が外国人に将棋を教えるというのでは、かなり違った意味をもつのかなと考えております。

 将棋ってなんだかんだ今後も消えることのないコンテンツだと思っています。(いろんなボードゲームが生まれてはなくなりをくりかえしているが、将棋はなんだかんだ現代まで生き残っていて、ファンもかなりいるということからすごく洗練されたゲームなんだろうと考えている。)

 チェスがオリンピック競技になると聞きました。詳しくは知りませんが。

日本でチェスをする人が少ないのは、間違いなく将棋があるから。

柔道→JUDOで定着しましたが、将棋も世界のSHOGIで定着してほしいなと思ったりしています。私もちょっとお手伝いできないかなとかと。

2017-10-30未分類ホームページ運営